リビングはどうあるべきか

ca

ブログをご覧の皆様、こんばんは!

進和ホームの幸せづくり専門家佐野です!

日本が世界で1番好きな私ですが、実は約3年前に、1年間程アメリカ留学に行っていました。

その時に実際に衣食住を体験して感じたのが、アメリカと日本のリビングルームが全く違うことです。

 

アメリカの住宅では、家に職場の上司や友人を招いて、交流を深める場として多く活用されていました。

これは、やはりアメリカのホームパーティ文化によるものだと思います。

一方日本では、リビングルームが一家団欒するための空間という意識がまだ強く、

アメリカ文化が取り込まれたリビングの風景を憧れとして捉えていた印象を受けます。

 

 

家具と言ったらIKEAという程、世界に浸透した家具販売店IKEAさんが掲げる言葉に

『リビングルームは、人生のストーリーを分かち合う場所』とあります。

e57af_1385_82b163ab_990f5fec

現代のリビングルームは、家族がくつろぐ空間とゲストをもてなす空間を

兼ね備えていて、なおかつ人が集まるスペースになってきています。

でも日本では、アメリカみたいに頻繁にホームパーティーなんてやらないし、

基本は家族がくつろげる空間で、ゲストが来てもすぐに片づけられるような計画を

される方が多いのではないでしょうか?

 

私個人の意見としては、ずっと家にこもっているだけではなく、

もっと積極的に外の世界とかかわりを持てるような空間を提供したいです。

IKEAさんの言葉を少しお借りすると

『自分の人生のストーリーを同僚や友人など多くの人と分かち合って共有する』

これが大切なんじゃないかなぁって思います。

こういうことが、その人の人生を豊かにしていってくれるのではないでしょうか?

 

 

 

001

こんなリビングルームなら自然と人が集まってきそうな空間ですよね。

大勢でビリヤードを楽しむ光景が目に浮かびます。

 

“和”だけど“モダン”な家(リビング横)

でもやっぱり私は和テイストの方が好きです。

 

誰もが羨ましくなるようなリビングを作ったら、必然と招待したくなりますよね。

リビングは、家族を団らんするだけの場ではなく、人が自然と集まってくる空間づくりにしていきましょう!

 

Mail:sano@e-shinwa.net

佐野暢亮

 

sidebana_a

sidebana_b

sidebana_c

sidebana_d

sidebana_e

sidebana_f

sidebana_g

sidebana_h

arkmobile

njutakukobo

staffb3

staffb4

様々な情報をお知らせします。

2014/07/16

CATTINO カッティーノ

2014/07/16

GOCCIA ゴッチャ

2014/07/16

TERRINA テリーナ

2014/07/16

MESA メ-サ

2016/06/24

延床35坪 吹き抜けの見せ梁と床の木目が美しい、くつろぎの家

2016/06/23

延床38坪 桧の柱と漆喰に大理石の床 自然素材が活きる家

2016/06/22

延床56坪 使い勝手の良いオーダー家具が魅力の二世帯住宅

2016/06/21

延床35坪 アンティーク風瓦屋根の欧風モダンハウス

2014/07/16

引き算の美学が生んだ五感を癒す「箱の家」

2014/07/02

夫婦2人で仲良く乾杯! 美味しくお酒を楽しめる家

2014/07/02

変形土地を活用したスキップフロアのある住まい

2014/07/02

独自の建材に直輸入の建具家具も全て標準仕様

2016/06/23

土地を安く買う秘密の方法

2016/06/13

本当に自分が欲しい住宅を知る

2016/06/06

正しい住まいづくりの手順

2016/06/02

失敗しない住まいづくりの秘訣 前置き

2015/10/27

大阪の注文住宅|洗面室|CASAcolumn Vol.053

2015/10/20

大阪の注文住宅|浴室|CASAcolumn Vol.052

2015/10/13

大阪の注文住宅|建具|CASAcolumn Vol.051

2015/10/06

大阪の注文住宅|床|CASAcolumn Vol.051