失敗しない家づくりの考え方

ブログをご覧のみなさま、こんにちは!
進和ホームの幸せづくり専門家 佐野です。
C_tnIMG_7310
最近、新聞の折り込みに住宅会社のチラシがよく入っていますね。
私も、折り込みチラシに載っている間取りを見ていると
「ここにテレビを置いて、それから・・・」と、ついつい想像を膨らませてしまいます。
たまに使い勝手の悪い間取りを見ると、ついついツッコミを入れてみたり。
もしかして、みなさんもそんな経験がありますか?
しかし、このブログをご覧のみなさんが家づくりをする際には、
別の考え方をして欲しいんです。

例えば、
「4人家族だけど、6人でもゆったり座れるようなテーブルを置きたい。
そうすれば、子供が宿題をしている傍らで、
お父さんはお酒を飲みながらくつろげるし、新聞だって広げられる。
お母さんは読書を楽しめるなあ。
あ、でも我が家の場合、
テーブルよりこたつの方が落ち着けるかもしれないな。
掘りごたつがあると楽しいかも・・・」
という風に、まず家族の様子を思い浮かべ、
そこからイメージを膨らませることが大切です。

自分にとって居心地のいい場所。
それが、家族全員同じ空間だと楽しいですよね。
別に、それがリビングじゃなくてもいいと思います。
平日は忙しくて家族がすれ違いになるけど、
休日に家族で料理するのが楽しいのなら、より快適に作れるキッチンや、
より楽しく食事する場所のイメージを膨らませてみましょう。
「LDKは16畳欲しいな。子供部屋は全部同じ広さにして・・・」
と数値化しながら考えると、
家族と過ごす時間が減る家になるかもしれません。
そんな事例が山ほどあるんです。

家づくりの目的は、家族が今以上に幸せに暮らすこと。
ならば、そんな空間づくりを最優先するのは、当然と言えば当然です。
しかし、いろんな情報に触れるうちに、その軸がぶれてくることがあります。
みなさんはこんな経験がありませんか?
必要なものだけを買いに行ったのに、
「1,000円以上の購入で、卵一パック50円!」
と聞いて、必要ないものまで買ってしまったり・・・。
これを『選考の逆転』と言います。
考える基準が、気づかないうちにずれてしまうことです。
家づくりの途中でこうなると、完成後に悔やむことになります。
まずは、家族が何となく集まってしまう居心地のいい空間をイメージすることから始めましょう。

TEL:090-3058-0317
Mail:sano@e-shinwa.net
佐野暢亮

sidebana_a

sidebana_b

sidebana_c

sidebana_d

sidebana_e

sidebana_f

sidebana_g

sidebana_h

arkmobile

njutakukobo

staffb3

staffb4

様々な情報をお知らせします。

2014/07/16

CATTINO カッティーノ

2014/07/16

GOCCIA ゴッチャ

2014/07/16

TERRINA テリーナ

2014/07/16

MESA メ-サ

2017/11/25

延床33坪 暖かみのある家

2017/04/21

延床53坪 中庭のある家

2017/04/14

延床41坪 漆黒の家

2017/04/07

現代和風のすまい

2014/07/16

引き算の美学が生んだ五感を癒す「箱の家」

2014/07/02

夫婦2人で仲良く乾杯! 美味しくお酒を楽しめる家

2014/07/02

変形土地を活用したスキップフロアのある住まい

2014/07/02

独自の建材に直輸入の建具家具も全て標準仕様

2017/12/04

掃除の手間を減らしたいなら・・・

2017/12/02

住宅と健康被害の密接な関係

2017/11/28

予算オーバーの原因

2017/11/25

諸費用の目安ってどれくらい・・・?

2015/10/27

大阪の注文住宅|洗面室|CASAcolumn Vol.053

2015/10/20

大阪の注文住宅|浴室|CASAcolumn Vol.052

2015/10/13

大阪の注文住宅|建具|CASAcolumn Vol.051

2015/10/06

大阪の注文住宅|床|CASAcolumn Vol.051