住宅ローンの返済期間を決定する方法

ブログをご覧のみなさま、こんにちは!
進和ホームの幸せづくり専門家 佐野です。
C_tnIMG_7356
12月に入り、今年もいよいよ終わりに近づいてきました。
今年の1月に日銀が導入を決定したマイナス金利から
多少の増減はあるものの住宅ローンは低金利が続いていますね。
「今のうちに建てたいなあ」「変動金利だと、こんなにお得なんだ!」
と家づくりを検討されている方もワクワクしていることでしょう。
ところで、住宅ローンを利用する時、どれくらいの返済期間を予定していますか?
短期にも長期にもメリットやデメリットがあるんですよ。

まず、長期返済の最大のメリットは、月々の返済額を抑えられることです。
子供の教育費がかさむ時期は、とてもありがたいですね。
繰り上げ返済をすれば、返済期間を縮めることもできます。
デメリットは、総支払利息が多くなることです。
契約時期によっては、定年後まで支払いが続くかもしれません。
その間、住宅ローンを返済できるだけの収入を得られるか…。
返済が終わるまで不安を抱えることになります。

次に短期返済の最大のメリットは、総支払利息が少ないことです。
早い時期に完済すれば、その分だけ借金を抱え続ける不安も解消されます。
デメリットは、一度決めた返済期間を延長するのがとても難しいということです。
借り換えで対応できれば良いのですが、
場合によっては、借り換え審査に落ちる可能性もありますのでご注意ください。

そこで、一つの目安として『定年』をイメージしてみてください。
みなさんが定年退職するまで、あと何年ありますか?
定年退職後の住宅ローン返済は、かなり大変です。
定年退職してからも返済が続くような契約は、できるだけ避けたいものです。
しかし、子供の教育費が多い時期の費用負担を避けるため、
敢えて定年以降まで契約を結ぶ事例もあります。
繰り上げ返済で支払期間を短縮し、定年退職時に間に合わせるという考え方です。

もしあなたがその方法を選ぶ場合、
どの段階でどの程度の繰り上げ返済をするのか、あらかじめ計画を立てておきましょう。
もし計画通りに返済できなくなった場合は、できるだけ早い段階で対策を講じたいものです。

TEL:090-3058-0317
Mail:sano@e-shinwa.net
佐野暢亮

sidebana_a

sidebana_b

sidebana_c

sidebana_d

sidebana_e

sidebana_f

sidebana_g

sidebana_h

arkmobile

njutakukobo

staffb3

staffb4

様々な情報をお知らせします。

2014/07/16

CATTINO カッティーノ

2014/07/16

GOCCIA ゴッチャ

2014/07/16

TERRINA テリーナ

2014/07/16

MESA メ-サ

2017/11/25

延床33坪 暖かみのある家

2017/04/21

延床53坪 中庭のある家

2017/04/14

延床41坪 漆黒の家

2017/04/07

現代和風のすまい

2014/07/16

引き算の美学が生んだ五感を癒す「箱の家」

2014/07/02

夫婦2人で仲良く乾杯! 美味しくお酒を楽しめる家

2014/07/02

変形土地を活用したスキップフロアのある住まい

2014/07/02

独自の建材に直輸入の建具家具も全て標準仕様

2017/12/04

掃除の手間を減らしたいなら・・・

2017/12/02

住宅と健康被害の密接な関係

2017/11/28

予算オーバーの原因

2017/11/25

諸費用の目安ってどれくらい・・・?

2015/10/27

大阪の注文住宅|洗面室|CASAcolumn Vol.053

2015/10/20

大阪の注文住宅|浴室|CASAcolumn Vol.052

2015/10/13

大阪の注文住宅|建具|CASAcolumn Vol.051

2015/10/06

大阪の注文住宅|床|CASAcolumn Vol.051