自然素材の力で湿度を調整

ブログをご覧のみなさま、こんにちは!
進和ホームの幸せづくり専門家 佐野です。
C_20130813_5
今、みなさんがいる部屋の湿度はどれくらいですか?
湿度は高すぎても低すぎてもダメなんですよね・・・
人間が快適だと感じる湿度は、40~60%だと言われています。
しかし、日本では、夏は70%以上に、冬は20%以下になることがありますので
快適に過ごすには、湿度の調整が欠かせません。

昔の日本の住宅は、ふんだんに使われた無垢材や
障子・ふすまに使用された紙などの自然素材が湿度を調整していました。
それに加えて、今より気密性が低く適度な空気の循環がありました。
それらの力が、湿度の調整に役立っていたんです。
一方、昔と比べて気密性が高くなった最近の住宅は、冬でも湿度が70%を超えることがあります。
これが、調湿機能のない工業製品で建てられた住宅の弱点です。
気温28度以上、湿度70%以上になると、熱中症のリスクが高まります。
カビやダニが増えやすくなるので、ハウスダストによるアレルギーも心配です。
また、湿度が高いと結露が発生します。
この結露が、住まいを傷めてしまうことにもなり兼ねませんし、カビ発生の原因にもなります。
湿度50%以下になると、肌やのどが乾燥し、美容にも健康にも悪影響を与えます。
湿度40%未満になると、インフルエンザウィルスの生存率が高まります。
静電気も生じやすくなります。

湿度が変わるたびに、除湿器や加湿器で調整するのは大変です。
それに、床下や押し入れなど、湿度調整が難しいところもあります。
そんな時、住宅そのものに湿度を調整する力があると助かりますよね。
炭や珪藻土は、湿度を調整する自然素材として注目を集めています。
しかし、その種類によって調湿機能が期待できないことは知られていません。

湿度は、人や住まいの健康に大きな影響を及ぼします。
自然素材を上手に取り入れて、健康を守りたいものですね。

TEL:090-3058-0317
Mail:sano@e-shinwa.net
佐野暢亮

sidebana_a

sidebana_b

sidebana_c

sidebana_d

sidebana_e

sidebana_f

sidebana_g

sidebana_h

arkmobile

njutakukobo

staffb3

staffb4

様々な情報をお知らせします。

2014/07/16

CATTINO カッティーノ

2014/07/16

GOCCIA ゴッチャ

2014/07/16

TERRINA テリーナ

2014/07/16

MESA メ-サ

2017/03/16

延床38坪 高低差を活かした家

2017/03/10

延床37坪 学習スペースのある家

2017/03/04

延床43坪 シンプルでおしゃれな二世帯

2017/02/10

延床34坪 隠れ家カフェ

2014/07/16

引き算の美学が生んだ五感を癒す「箱の家」

2014/07/02

夫婦2人で仲良く乾杯! 美味しくお酒を楽しめる家

2014/07/02

変形土地を活用したスキップフロアのある住まい

2014/07/02

独自の建材に直輸入の建具家具も全て標準仕様

2017/03/20

住宅購入時は保険見直しのチャンス!

2017/03/13

多額の広告宣伝費を負担したくないのなら・・・

2017/03/04

人気の土地にもデメリットはある

2017/01/30

住宅ローンは金利以外にも注目を・・・

2015/10/27

大阪の注文住宅|洗面室|CASAcolumn Vol.053

2015/10/20

大阪の注文住宅|浴室|CASAcolumn Vol.052

2015/10/13

大阪の注文住宅|建具|CASAcolumn Vol.051

2015/10/06

大阪の注文住宅|床|CASAcolumn Vol.051