住宅の寿命に密接する外壁チェック

ブログをご覧のみなさま、こんにちは!
進和ホームの幸せづくり専門家 佐野です。
C_tn_J9A8004-720x480
みなさん、水田や河川に隣接した家の外壁にコケが生えているのを見たことはありませんか?
一般的な住宅地でも、日当たりや風通しが悪い面だけ外壁がコケに覆われた家もあります。
あれはどうしてだと思いますか?
実は、私の実家が造園屋でしたのでコケに関しては知識が豊富なんです笑
当たり前ですが、山や川などにはコケが生えていますよね。
それらの胞子は、風に乗って外壁に付着します。
乾燥しにくくて水分を補給できる自然環境だけでなく、
凹凸が多くて水はけの悪いデザインの外壁や、
経年劣化で防水性が低下した外壁などに付着した胞子は、
その水分を利用して繁殖します。
それらのコケには保水力があります。
コケに覆われた部分は、常に湿気に包まれている状態です。
これを放置すると、外壁材の劣化だけでは終わりません。
水分がゆっくりと内側に侵入し、じわじわと付着面を腐食していくことがあるんです。

腐食は、住宅の寿命を縮める最大の原因です。
適度な乾燥が保たれた木造住宅の寿命は80年だと言われています。
しかし実際には、腐食により劣化する住宅が多く、
30年ほどで寿命を終えるケースが少なくありません。
終の棲家にするには、あまりにも短い年数です。
だからこそ、みなさんが土地を選ばれる際は
周辺の自然環境だけでなく、周辺の家々の外壁チェックもしてみましょう。

特に、北側の外壁チェックは忘れないでください。
その際、コケの発生が確認できたなら、
・その土地を候補から外す
・コケに強い外壁材を選ぶ
・防藻、防カビ塗料を外壁に塗る
などの対策を検討したいものです。

なお、コケが発生しやすい主な外壁材は、
・モルタル壁
・窯業系サイディング
・リシン壁
 の4つです。

住宅によっては、築後2~3年でコケが発生することがあります。
土地選びや素材選びには注意したいですね。

TEL:090-3058-0317
Mail:sano@e-shinwa.net
佐野暢亮

 

sidebana_a

sidebana_b

sidebana_c

sidebana_d

sidebana_e

sidebana_f

sidebana_g

sidebana_h

arkmobile

njutakukobo

staffb3

staffb4

様々な情報をお知らせします。

2014/07/16

CATTINO カッティーノ

2014/07/16

GOCCIA ゴッチャ

2014/07/16

TERRINA テリーナ

2014/07/16

MESA メ-サ

2017/11/25

延床33坪 暖かみのある家

2017/04/21

延床53坪 中庭のある家

2017/04/14

延床41坪 漆黒の家

2017/04/07

現代和風のすまい

2014/07/16

引き算の美学が生んだ五感を癒す「箱の家」

2014/07/02

夫婦2人で仲良く乾杯! 美味しくお酒を楽しめる家

2014/07/02

変形土地を活用したスキップフロアのある住まい

2014/07/02

独自の建材に直輸入の建具家具も全て標準仕様

2017/12/04

掃除の手間を減らしたいなら・・・

2017/12/02

住宅と健康被害の密接な関係

2017/11/28

予算オーバーの原因

2017/11/25

諸費用の目安ってどれくらい・・・?

2015/10/27

大阪の注文住宅|洗面室|CASAcolumn Vol.053

2015/10/20

大阪の注文住宅|浴室|CASAcolumn Vol.052

2015/10/13

大阪の注文住宅|建具|CASAcolumn Vol.051

2015/10/06

大阪の注文住宅|床|CASAcolumn Vol.051