無垢材と集成材のメリット・デメリット

ブログをご覧のみなさま、こんにちは!
進和ホームの幸せづくり専門家 佐野です。
C_tnIMG_1760-720x480
前回の火災発生率のピークがもうすぐやってきますというブログでお伝えしたように
今日は、無垢材と集成材の話を紹介します。

まず、無垢材と集成材の具体的な違いから
・無垢材
 天然の木である無垢材は加工されたあとも呼吸しており、水分のやり取りができます。
 部屋の湿度が高くなると木が湿気を吸収し取り込み、逆に乾燥すると水分を放出します。
 だから、無垢材をたくさん使った家は結露しにくく、爽やかで快適な住環境を保ちます。
 湿度を適度に保つことでカビやダニ、細菌なども発生しにくくなり、結露しにくいため
 建材も腐りにくくなる上、シロアリの発生も起こりにくく、住まいの耐用性をアップさせます。
 しかし、無垢材は反りやねじれが起きやすいというデメリットもあるので
 よく乾燥させた木を選ぶとともに、腕と経験のある大工が建築工事を行う必要があります。


・集成材
 集成材は材料となっている挽き板または小角材のピースを接着剤で貼り合わせた物です。
 つまり何枚もの薄い板をくっつけて強固にしたもので、強度や品質も安定しています。
 しかし、集成材の寿命は、素材である木材そのものより、使われている接着剤なのです。
 また、その接着剤が長年かけて揮発することで、シックハウス症候群や
 お子さんのアレルギー発症などにつながってしまう恐れがあることも実証されています。

当然ですが、どちらにもメリットとデメリットはあります。 
でも、やっぱり家づくりを進めていくと、経年美化していく無垢材にするか
コストパフォーマンスが高い集成材か・・・悩みますよね~。
その気持ち良くわかります!
無垢材にも集成材にも良い面はあるので
結局のところ適材適所で使うのが一番良いということなんです。

そこで、皆さんに覚えておいてもらいたいのは次の3つです。
1.リビング・寝室・廊下など日常的によく使う部屋には無垢材!
  トイレ・納戸・洗面所などは合板やビニール材などを使用するのがオススメ

2.建具(ドアやふすまなど、部屋を仕切り、開閉する部分のこと)は、集成材!
  ⇒無垢材でも良いが、伸び縮みで年月によるドアの開閉ができなくなる恐れが有り

3.
柱や梁は無垢材を使うべきか、集成材を使うべきかに正解はありません。
  しいて言うなら、個人の好みです!
  ⇒前述の通り、それぞれのメリット・デメリットをよく考慮して決める
   個人的には、梁は強度が必要で反り等が生じないよう集成材がオススメです。

TEL:090-3058-0317
Mail:sano@e-shinwa.net
佐野暢亮

sidebana_a

sidebana_b

sidebana_c

sidebana_d

sidebana_e

sidebana_f

sidebana_g

sidebana_h

arkmobile

njutakukobo

staffb3

staffb4

様々な情報をお知らせします。

2014/07/16

CATTINO カッティーノ

2014/07/16

GOCCIA ゴッチャ

2014/07/16

TERRINA テリーナ

2014/07/16

MESA メ-サ

2018/02/19

家族が愛おしみ、笑い、楽しむ家

2018/02/15

丘陵にそびえ建つリゾートハウス

2018/02/11

延床35坪 大人の遊び心

2018/02/06

スキップフロアを取り入れた4層構造のモダンハウス

2014/07/16

引き算の美学が生んだ五感を癒す「箱の家」

2014/07/02

夫婦2人で仲良く乾杯! 美味しくお酒を楽しめる家

2014/07/02

変形土地を活用したスキップフロアのある住まい

2014/07/02

独自の建材に直輸入の建具家具も全て標準仕様

2018/04/13

「天使が舞う家」【完成現場見学会】開催のお知らせ!

2018/02/20

照明は居心地の良さを左右します

2018/02/16

無垢材と集成材のメリット・デメリット

2018/02/15

火災発生率のピークがもうすぐやってきます

2015/10/27

大阪の注文住宅|洗面室|CASAcolumn Vol.053

2015/10/20

大阪の注文住宅|浴室|CASAcolumn Vol.052

2015/10/13

大阪の注文住宅|建具|CASAcolumn Vol.051

2015/10/06

大阪の注文住宅|床|CASAcolumn Vol.051