二世帯住宅を考えている方

世代がつながりプライベートを保つ、新しい家族のカタチ。

来年から、ずっと二人暮らしだった両親といっしょに住むことになった。
子どもたちにそのことを伝えたら、踊ってよろこんだ。
妻は毎日、新しい家のシステムキッチンを悩み、あっちもいい、こっちもいいと言っている。
私は自分の書斎を確保するため、これから明日に向けて、進和ホームとの打合せの作戦を練らねばならない。


ひとつ屋根の下、つながる世代。

核家族の世帯が増え、アパートでは隣人の顔を見たこともない…。
労働環境の多様化、個性偏重、デジタル化社会など
さまざまな要因がありますが、私たちのライフスタイルは
時代とともに大きく変容しました。

その一方、親世代・子世代・孫世代がひとつ屋根の下で住まう、
昔ながらの暮らし方を求める人が増えています。
親世代と住むことによって受け継ぐことができる大切なものに、
多くの人が気づいたのでしょう。

また、孫世代と同居することによって元気になり、
あかるい笑顔がふえる親世代の姿は、子世代にとって
よろこび以外のなにものでもありません。
世代がつながり、プライベートを保つ、新しい家族のカタチ。
進和ホームではお客様のご要望やそれぞれのご家庭の事情に合わせて、
笑顔ですこやかな日々をすごせる二世帯住宅をご提案しています。

賢く楽しく二世帯住宅

価値観や生活スタイルなど、何から何までぴったり合う二世帯家族はほとんどいないでしょう。
それでも、いっしょに暮らすメリットはいくつもあります。

世帯や個人のプライバシーはきちんと守りながら、
家事や育児を協力し合える動線・空間造りは何パターンも考えられます。

たとえば、階段の脇に家族共有の本棚をつくります。
そうすると、それぞれが本の貸し借りをしてコミュニケーションを生むきっかけになります。
その棚に、家族のアルバムを置くスペースをつくれば、
旅行や発表会などの思い出が時間の経過とともに紡がれ、受け継がれていきます。

たとえば、多目的に利用できる和室をつくれば、
お正月やお盆に遊びにやってくる親戚がゆっくり寝泊まりできます。
雛祭りなどの季節の行事は、家族でにぎやかに過ごすことができます。

また、二世帯住宅にして何よりもうれしいのが、光熱費などの生活コストを抑えられる点です。
賢く楽しく二世帯住宅、私たちといっしょに考えてみませんか。

3タイプの二世帯住宅

二世帯住宅の建築は、大きく分けて「独立型・共有型・同居型」の3タイプに分類されます。
それぞれをメリット・デメリットで比べるより、お客様の敷地条件や生活スタイルにいちばん合っているのはどのタイプか、という視点で考えると良いでしょう。

独立型(分離型)

建物は一棟なのですが、玄関は2ヶ所あり、内部も2世帯が独立、完全に二つに分かれた造りを独立型二世帯住宅といいます。わかりやすく説明すると、棟続きアパート2室を、それぞれの世帯が1室づつ使っているような住宅です。この独立型をさらに分類すると、上下分離型と左右分離型の2タイプになります。
世代間で異なる価値観や生活スタイルをお互いに尊重し、緊急時以外は適度な距離をおきたいというご家族にはぴったりのタイプです。
尚、独立型は集合住宅のカテゴリーに入りますので、避難用の通路などの規制があります。また、住宅のすべての設備が2つずつ必要になるので、その分、建築費用は高くなります。

<独立型に適したご家族>

  • 世代間で生活時間帯が大きく異なる
  • 価値観や生活スタイルが異なる
  • お互いに緊急時のサポート以外は望まない
  • 経済面や生活面でそれぞれが独立している
  • 敷地と予算に余裕がある

共有型(共用型)

それぞれの居住空間は独立していますが、玄関・キッチン・バスルームなど住宅の一部設備が一つだけで、それらを2世帯で共用する造りを共有型二世帯住宅といいます。適度なコミュニケーションを図りつつ、一定の距離をおいたプライバシーも保てることから人気が高く、二世帯住宅ではもっとも建築数が多いタイプです。
家が完成した後の生活のため、どの部分を共有にするのか、最終プランを決めるまでにそれぞれの世帯が意見を出し合い、なるべく意思のすり合せをしておくのが良いでしょう。
独立型と比べて、同等の敷地だったら低予算で済む、というメリットがあります。

<共有型に適したご家族>

  • 食事の好みが違うから、キッチンは別にしたいと考えている
  • 浴室は別にして、互いに気がねなく入浴したいと考えている
  • キッチンや浴室を共有して光熱費を抑えたい
  • 限られた敷地で、効率の良い間取りにしたい
  • 生活の時間帯は異なるが、嫁姑の仲は良い

同居型(融合型)

一つの建物に2世帯の家族がすべてを共有する造りを、同居型二世帯住宅といいます。一軒の家のなかに、寝室や子ども部屋など最低限の分離を施して、全員が一緒に住むスタイルです。昔ながらの日本の大家族のスタイルをイメージすれば、わかりやすいと思います。
キッチンやリビングなど家族が集まる共有スペースが多いため、家族全員が常にコミュニケーションをとることができます。食事の時間や休日のリビングで、にぎやかな団らんの場面がつくれるのは、同居型ならではのメリットです。子世代にとっては、自分たちが出かけたいとき、親に子ども(孫)の面倒をみてもらえるという大きなメリットもあります。建築の予算面でも、もっとも経済的です。

<同居型に適したご家族>

  • 子世代が共働きで、親世代に育児のサポートを望んでいる
  • 生活費のランニングコストを抑えたいと考えている
  • 家族みんなで、にぎやかな毎日を送りたいと考えている
  • 今まで二世帯で集まったり出かける機会が多かった
  • 敷地に余裕があまりない

万全の耐震補強

建て替えやリフォームの際、忘れてはいけないのが地震対策です。いつ襲ってくるかわからない大地震に備え、耐震補強の実施を当社ではお勧めしております。せっかく家がきれいに生まれ変わっても、万が一のときに倒壊などの危険性があるようでは本末転倒です。建物のトータルバランスを調査して適正に補強し、カビ・シロアリ対策もきちんと行い、地震や自然の脅威に強く、お孫さんの世代まで安心して暮らせる家にしましょう。

お客様専属のチーム制

進和ホームの建て替えは、1組のお客様に対して専属スタッフがチームを組み、初回のご相談以降、完成まで一貫して同じスタッフが担当いたします。

そのため、お客様の夢やご要望を正確かつ迅速に、施工へ反映することができます。
また、大手ハウスメーカーのように、スタッフが頻繁に入れ替わることがありませんので、完成後のお問合せにもすぐに対応することが可能です。建て替えをしたいと思ったら、まずは当社まで、お気軽にご相談ください。

sidebana_a

sidebana_b

sidebana_c

sidebana_d

sidebana_e

sidebana_f

sidebana_g

sidebana_h

arkmobile

njutakukobo

staffb3

staffb4

様々な情報をお知らせします。

2014/07/16

CATTINO カッティーノ

2014/07/16

GOCCIA ゴッチャ

2014/07/16

TERRINA テリーナ

2014/07/16

MESA メ-サ

2017/04/21

延床53坪 中庭のある家

2017/04/14

延床41坪 漆黒の家

2017/04/07

現代和風のすまい

2017/03/30

癒しの平屋

2014/07/16

引き算の美学が生んだ五感を癒す「箱の家」

2014/07/02

夫婦2人で仲良く乾杯! 美味しくお酒を楽しめる家

2014/07/02

変形土地を活用したスキップフロアのある住まい

2014/07/02

独自の建材に直輸入の建具家具も全て標準仕様

2017/08/17

家の空気の質は温度と湿度

2017/06/05

健康的な生活には快適なキッチンを

2017/05/08

戸建住宅3つの工法のメリットとデメリット

2017/05/01

事前に遮音性を確かめましょう

2015/10/27

大阪の注文住宅|洗面室|CASAcolumn Vol.053

2015/10/20

大阪の注文住宅|浴室|CASAcolumn Vol.052

2015/10/13

大阪の注文住宅|建具|CASAcolumn Vol.051

2015/10/06

大阪の注文住宅|床|CASAcolumn Vol.051